みなさんこんにちは。ファイナンシャルプランナーの永塚です。

本日は投資信託について。

本日の日経新聞で、投資信託の残高が2月末時点で過去最高の95兆円に達したと報じられております。昨日も申し上げました通り、日本をはじめ世界中で株高傾向にありますので、投資信託残高が増えていることは不思議ではないでしょう。

ただ、「過去最高」という言葉がつくと今後が気になるのは私だけではないと思います。そこで、過去の推移を検証してみました。

 

投資信託協会のデータによると、現在は記録更新中(3年連続)のようです。

  • 2000年 残高 49.4兆円 →ITバブルが崩壊するので翌年より下落開始
  • 2001年~2002年 down 2002年残高 36.0兆円 下げどまり
  • 2003年~2007年 up 2005年、2006年、2007年、過去最高記録更新(3年連続更新)
  • 2008年 down リーマンショックにより52.1兆円まで落ちる
  • 2009年~2014年 up 2013年、2014年過去最高記録更新
  • 2015年(現在) 過去最高残高連続記録3年目更新中

みなさんの運用成績も好調かと思われますが、株価上昇、経済上昇でみんなが浮かれているパーティーに参加しながらも、いつでも退席できるよう入り口付近で準備していてくださいね。