NNISAや投資信託の無料アドバイス さいたま市

財形貯蓄の基礎知識

財形貯蓄とは、勤労者が会社で行う積立制度の一つ

財形貯蓄は、給与からの天引き(賃金控除)で行う貯蓄制度で、「一般財形貯蓄」「財形年金貯蓄」「財形住宅貯蓄」の3つがあります。会社は社員の給与から毎月一定額を天引きし、これを財形貯蓄取扱金融機関に払い込みます。会社は制度を導入・運用することで、社員のライフイベント(結婚、マイホーム、教育、老後など)で必要となる資金づくりを支援することができます。 ~独立行政法人労働者退職金共済機構HPより~

金利優遇や税制優遇された積立商品として、多くの方に利用されています。

財形貯蓄の上手な利用方法

「銀行で積み立てするより金利がよい」この恩恵だけでもうれしいところですが、同時に会社が窓口になっていることで下貯めたお金をおろす時は一定の手続きが必要になります。その手続きは難しいことではありませんが、銀行のATMよりは手間がかかるので「下ろすのが面倒で下ろさない=貯まりやすい」という効果も発揮してくれます。

■ 一般財形貯蓄

一番ポピュラーな財形積立で、1年以上積み立てればいつでも下ろすことができます。とても便利な積立で、ライフプランに合わせた積立目標を定めるとよいでしょう。

■ 財形住宅貯蓄

住宅の建設・購入・リフォームなど、住まいのための資金として積み立てる貯蓄です。住まいのために下ろすのであれば利息は非課税扱いとなります。次の財形年金と合わせて「550万円」までの積立に対する利息が非課税となります。

ただし、住宅の建設・購入・リフォーム以外の払い出しには、課税されます。

■ 財形年金貯蓄

60歳以降に年金として受け取るため貯蓄をしていくと利息を非課税扱いにしてくれる積立です。前述の財形住宅と合わせて「550万円」までの積立に対する利息が非課税となります。

ただし、年金以外での払い出しの場合は、課税されます。

オフィスは大宮駅東口徒歩5分 埼玉県内訪問も可能です TEL 048-641-7947 受付時間 10:00~17:30 [不定休]

PAGETOP